北アルプスには絶景スポットは各所にあります。

北アルプス大北エリアは、北アルプスを筆頭にどこもかしこも絶景スポットです。
スキー場も数多いため、かなりの標高まで、リフトやゴンドラで楽に登ることができます。
山に登らなくても日本の原風景があります。田んぼからのぞむ北アルプス、棚田の風景、古民家・・・。
写真撮影やスケッチに事欠きません。
ゆったりと滞在しながら、大北を楽しんでください。

また、大北エリアには、美術館やクラフト等の体験できる施設もたくさんあります。北アルプスの想い出をひとつ加えてください。

四季折々の自然が堪能できます。

北アルプス振興会 北アルプス 北アルプス

 

 

〈眺望〉鷹狩山展望台 〈大町市〉

北アルプスの絶景と360度のパノラマを展望できます。撮影に最高のスポット。
北アルプス
場所
大町市八坂 グーグルMAP
電話
0261-26-2001(大町市八坂支所)
入館料 無料 レストランあり
交通
JR大糸線信濃大町駅からタクシー20分。駐車場:普通車30台
期間
4月中旬~11月中旬

〈ギャラリー〉いっし・あーとすぺーす 〈大町市〉

日本画家一志富美子さんの作品を約60点展示。2015年6月に市民の手で開館しました。
北アルプス
場所
大町市大町市大町3267-3
入館料 無料
交通
JR大糸線信濃大町駅から徒歩
時間
10:00〜17:00
休館 木曜日

〈ギャラリー〉大町山岳博物館 〈大町市〉

1階では「山と人~北アルプスと人の関わり」を豊富な資料と映像でご紹介しています。2階は「山の成り立ち」や、「山と生きもの」としてニホンカモシカやライチョウの生活史。3階は北アルプスの展望をパノラマでご覧いただける「展望ラウンジ」。この他の付属施設として、カモシカなどを飼育する付属園や山岳図書資料館があります。
場所
大町市神栄町8056-1
電話
0261-22-0211
交通 JR信濃大町駅
入館料
400円
開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始(※月曜が祝日の場合は開館して翌日休館)
7月、8月は無休

〈ギャラリー〉塩の道ちょうじや (旧 塩の道博物館) 〈大町市〉

北アルプス
"塩の道"と呼ばれる千国街道の歴史と、人々の暮らしを紹介する博物館です。
江戸時代塩問屋を営んだ平林家の建物を利用した館内に、当時の牛方や歩荷の運搬道具、旅装や弁当箱、住民の生活用具、古文書などを展示しています。
場所
大町市 八日町 2572
電話
0261-22-4018
交通 JR信濃大町駅
入館料
500円 小中学生250円
開館時間
5月~10月 9:00~17:00(入館16:30まで)
11月~4月 9:00~16:30(入館16:00まで)
休館日 5月~10月は第3・4水曜日、11月~4月は毎週水曜日・年末年始

〈美術館〉(いわさきちひろ美術館)安曇野ちひろ美術館 〈松川村〉

安曇野ちひろ美術館は、1997年、ちひろ美術館・東京の開館20周年を記念して開館しました。信州は、ちひろの両親の出身地。ちひろにとって、幼い頃から親しんだ心のふるさとでした。美術館のある松川村は、ちひろの両親が第二次世界大戦後に開拓農民として暮らした村です。
場所
松川村西原3358-24
電話
0261-62-0772 / テレフォンガイド:0261-62-0777
交通
〈JR大糸線 信濃松川駅〉
信濃松川駅から安曇野ちひろ美術館まで約 2.5 km
・タクシー 約 5 分
・レンタサイクル 約 15 分
・徒歩約 30 分
※レンタサイクルは、信濃松川駅前で借りることができます。お問い合わせ先:セピア安曇野・松川村観光協会 TEL. 0261-62-6930

〈JR大糸線 穂高駅〉
穂高駅より あづみ野周遊バス利用 約 20 分
※あづみ野周遊バス
穂高駅を中心とした安曇野の観光地を巡る周遊バスです。(運行区間内は乗り降り自由)
4月下旬から11月上旬まで土日祝のみ運行。(ただし、GW・7月下旬~9月上旬は平日も運行)
平成27年度は4月18日(土)から運行予定です。
詳細はあづみ野周遊バスでご確認ください。
開館日・時間
3月1日~11月30日 9:00~17:00(GW・お盆期間は18:00まで)
休館日
第2・4水曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
GW・8月は無休 /冬期休館 12月1日~2月末日 /展示替えのための臨時休館あり
※2015年休館日一覧
3/11(水)、3/25(水)、4/8(水)、4/22(水)、5/13(水)、 5/14(木) 、5/27(水)、6/10(水)、6/24(水)、7/8(水)、7/15(水)、7/16(木) 、7/22(水)、9/9(水)、9/24(木)、9/25(金)、9/30(水) 、10/14(水)、10/28(水)、11/11(水)、11/25(水)
入館料
大人800円。高校生以下無料
団体(有料入館者20名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は100円引/障害者手帳ご提示の方は半額、介添の方は1名まで無料/視覚障害のある方は無料となります。 (二重割引はありません)
東日本大震災の罹災証明書、または被災証明書をご持参の方は、ちひろ美術館・東京、安曇野ちひろ美術館の入館料が無料となります。受付にてご提示ください。
年間パスポート 2,500円
年間パスポートを受付でご提示いただくと、ちひろ美術館・東京と安曇野ちひろ美術館の両館に、何度でも無料で入館できます。
有効期限は、ご購入日より1年間です。
また、購入時には両館の絵本カフェにてご利用いただけるドリンク券(コーヒーor紅茶)1枚をプレゼントいたします。

〈美術館〉信州松川美術館 〈松川村〉

愛らしいイラストで人気の水森亜土の常設展示室がある美術館。
安曇野を愛する芸術家たちの作品を集める憩いの場で、喫茶室もあります。
場所
北安曇郡松川村7008
電話
0261-62-8744
交通
JR信濃松川駅から徒10分、長野自動車道豊科ICから車で25分
開館日・時間
9:00~18:00 無休
休館日
展示入替(不定休)
入館料
信濃松川美術館:無料
水森亜土館入館料:大人 300円 高校生以下無料

〈作陶体験〉相道寺(あいどうじ)焼窯元 〈池田町〉

北アルプス
北アルプスを一望するロケーションの中で、長野県最古の窯元で自分だけの作陶体験ができます。
場所
池田町会染1331-1
電話
0261-62-2354
陶芸家 宮澤弘幸
信州池田陶芸家十勇士代表、長野県工芸会事務局、長野県陶芸作家協会会員、池田町商工会理事、 池田町消防団員
交通
安曇野インターから25分 
時期
通年
定員
54名まで可能
料金
完成度の高いプレゼント品もできますし、気楽な遊ぶ作品もOKです。
子供の体験がオススメ。キッズスペースと絵本もあり。
知的障害の方、身体障害の方も大丈夫です。
陶芸家 気分の電動ろくろ  湯呑1600円から。
手びねり 湯呑1100円から (送料は別)
見学 無料
※修学旅行 社員旅行 大型バス可能 ※宿泊陶芸も可能です。

〈美術館〉北アルプス展望美術館(池田町立美術館) 〈池田町〉

北アルプス
正面に北アルプス連峰と安曇野の広大なパノラマを一望できる丘の上にあります。「息をのむほど美しい」といわれる日本有数のこの景観のなか、モティーフやテーマに沿った秀作を常設展示。趣向を凝らした企画展も随時開催しています。
場所
池田町会染7782
電話
TEL.0261-62-6600/FAX.0261-62-6601
開館時間 午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
交通
信濃松川駅より7km、タクシー約15分 駐車場(120台)あり
料金
〈個人〉大人:400円 高校生・大学生:250円 小中学生:無料
〈団体(20名以上)〉大人:350円 高校生・大学生:200円
休館日 毎週月曜日・祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は火曜日)・年末年始・冬期間

〈クラフト体験〉ギャラリーオーナメント工房 〈白馬村〉

「木の実クラフト教室」「絵皿」「ワイヤークラフト教室」「ワイヤー&ビーズクラフト教室」の体験ができます。
場所
白馬村神城27425-131
電話
TEL・FAX 0261-75-3729
交通
最寄り駅:白馬
時間
9:00〜17:00で、2〜3時間
※火・水・木曜日に関しては、事前予約が必要。
料金
2,000円〜2,300円材料費・お茶込み
※作品によっては、材料費の変動があります。

〈美術館〉白馬三枝美術館 〈白馬村〉

白馬を愛した芸術家70名の作品を展示しています。
場所
白馬村大字北城みそら野2935
電話
Tel/Fax.0261-72-4685
交通
最寄り駅:白馬駅からタクシー 駐車場:普通車20台
時間
8:30~18:00
料金
大人700円 小・中学生400円

〈民族資料館〉白馬村歴史民俗資料館 〈白馬村〉

復元民家、馬具・農具、山村の生活用具、狩猟用具、登山に関する資料、小丸山遺跡出土品などを展示しています。隣接した復元民家では昔の人々の生活振りが見学できます。
場所
白馬村北城265(白馬グリーンスポーツの森内)
電話
0261-72-4755
交通
最寄り駅:JR白馬駅から車で5分
開館時間
9:00~16:30
休館日 冬期(11月上旬~4月下旬)
料金
50円(白馬グリーンスポーツの森入場料)

〈木の工芸館〉白馬宮島工芸館 〈白馬村〉

白馬駅から八方に向かって徒歩で10分ほどの大通りからわずかに奥まったところ、自宅と工房が向かい合った形で建っています。この工芸館は建物自体が館主である宮島勝氏の作品です。全体に南欧風の感を受ける錬瓦と白壁の2階建て。そこにアクセントを付けている木の部分は、すべて自身の手によって、労を惜しまぬ木工技術が施されています。
場所
白馬村北城5556
電話
0261-72-2738  FAX:0261-72-2767
交通
JR白馬駅から徒歩10分(八方方面に。体育館と西沢製畳店が目印) 駐車場:4台
開館時間
10:00〜19:00
定休日 不定休
入館料
大人300円(小学生以下無料) 

〈ギャラリー〉アートカフェ森と人と 〈白馬村〉

北アルプス白馬山麓みそら野別荘地に佇む、話題のアーティストの作品を展示するギャラリーと最上級の中国茶や選び抜かれたダージリンティーを楽しめるティーサロンです。
場所
白馬村 みそら野別荘地
電話
TEL/FAX:0261-71-1201 
交通
JR白馬駅
開館時間
10:00〜18:00
休館日 水・木曜日

大北エリアの宿泊施設(予約へリンク)

〈大町市〉
黒部観光ホテル 大町市平2822 大町温泉郷
くろよんロイヤルホテル 大町市大字平日向山高原2020
ホテルからまつ荘 大町市大字平2884−109
立山プリンスホテル 大町市大町温泉郷
星野リゾート 界 アルプス(旧:星野リゾート 松延) 大町市大字平2884−26
緑翠亭景水 大町市平2884−13
ホテル山田屋 大町市字平2820
ときしらずの宿織花 大町市大字平2065−1
黒部ビューホテル 大町市大字平2891−2
あずみ野河昌 大町市大町温泉郷2860−1
仙人閣 大町市平2118
ゲストハウス要 大町市平19755
 
〈白馬村〉
インナービレッジミヤマ 白馬村岩岳新田
ホテル・ラ・モンターニュ・フルハタ 白馬村岩岳
白馬エスキーナ 白馬村大字北城10331−1
ロッジつらら 白馬村大字北城10835
白馬ブランシェ 白馬村北城11290
白馬サンバレーホテル 白馬村神城26030
ホテル丸大 白馬村神城25,845−1
ホテルステラベラ 白馬村神城22201−5
ペンションウルル 白馬村神城22201−2
リゾートホテルラ・フォーレ白馬 白馬村北城14913
白馬東急ホテル 白馬村北城4688
ホテル五龍館 白馬村八方
白馬スキー館 白馬村大字北城5262
ホテル対岳館 白馬村八方5094
大根館 白馬村大字北城5275
細野館 白馬村大字北城5280
ホテルグレース白馬 白馬村八方
ベルクトール丸北 白馬村北城4995
丸金旅館 白馬村八方5039
リゾートホテルローゼンハイム白馬 白馬村八方3750
山の郷ホテル白馬ひふみ 白馬村大字北城4998
白馬樅の木ホテル 白馬村大字北城4683−2
白馬リゾートホテルラネージュ東館 白馬村八方和田野の森4744
白馬ホテル扇屋 白馬村大字北城6680
ホテル白馬 白馬村大字北城5470−1
白馬ハイマウントホテル 白馬村大字北城4878−3
白馬ロイヤルホテル 白馬村北城2310
PHOENIX HOTEL 白馬村北城4690−4
プチホテル志鷹 白馬村大字北城4402
シェラリゾート白馬 白馬村大字北城字落倉14863−6
白馬ハイランドホテル 白馬村北城21582
白馬ペンションミーティア 白馬村北城みそら野2937
プチホテルぴー坊 白馬村大字北城3020−45
グリーンバレー白馬 白馬村神城24196−24
 
〈小谷村〉
栂池高原ホテル 小谷村栂池高原
栂池丘の上ホテル宮川 小谷村千国乙12840−1
ホテルサルアンピールキング 小谷村栂池高原
白馬アルプスホテル 小谷村大字千国字若栗乙12851
ホテルグリーンプラザ白馬 小谷村千国乙12860−1
朝日荘 小谷村北小谷9922−3
ゲストハウス梢の雪 小谷村中土12965-1
リンク情報
kita-alps
kita-alps